抵抗を持たない!

子供が英語を嫌う理由

子供が英語が嫌いになってしまうことが多々あります。
その子供によって理由はさまざまだとは思いますが、最も多いと思われるケースが、幼児期の頃から周りに英語が聞こえてくるような環境がなく、日本語だけで育っていると、成長の過程で反抗期を迎えると英語を正しく発音することが恥ずかしいと感じるようになってしまうのです。

恥ずかしいと感じるようにしない為には、幼児期から英語を当たり前のものとして受け入れさせることが大切です。
当たり前のものになってしまえば、日本語を正しく話すことが恥ずかしくないのと同じように英語も当たり前の存在としてすんなり身に着けることができます。

現代では、英語を日常に取り入れる環境を作ることは難しいことではなくなってきていますので、できる範囲で環境作りをしてあげるだけで嫌いになることは少なくなると思います。

英語を楽しもう

幼児が楽しんで英語に慣れていくためには、親と一緒に楽しむことが大切です。
普段子供が好きな事、興味のあるものなどを観察して、そこに英語を取り入れてみてください。

歌を歌うことが好きなお子さんでしたら、英語の歌詞の童謡を一緒に歌ってみたりすると自然と英語が楽しくなってきます。
英語歌詞の童謡のCDもありますので、日常的に家で流しておくだけでも効果があると思います。

スマホアプリなどでも、幼児向けの英語を覚えさせるようなものが複数ありますので、毎日の楽しみとして時間を決めてやってみても良いかもしれません。
英語は「勉強」という意識ではなく、「遊び」という意識を持つようにしてあげれば子供は自然と楽しむようになるのです。
そのためには親も一緒に楽しむことが重要なこととなります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る